引越し 概算 見積もり

引越しの概算見積もり@簡単に料金を安くする方法

引越し 概算

引越し 相場

引越し 平均

引越し 最安値

引越し 比較

 

 

引越しには何かと金がかかります。
新居の契約や新しい家具、家電の購入など数十万円単位でお金か必要になります。

 

せめて引越し費用はできるだけ抑えたいと思いませんか?

 

引越し費用の概算を知りたいなら、一括見積もりしてみるのが1番確実で簡単です。

 

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

 

昔は複数の引越し業者に来てもらって見積もりをもらう立ち合い見積もりが主流でした。

 

今はインターネットであなたの運んでもらいたい家財を選んで、オプションなどの有無などの条件を入力して送信するだけで、複数の引越し業者から一度に見積もりをもらうことができます。
荷物の量が見積もりと違うと引越し当日トラックに乗りきらないことがありますので、条件は正直に入力しましょう。

 

お住いの地域に対応できる業者を自動的に選んで紹介してくれるので、安心です。
引越し費用の概算はもちろん、最安値の業者も簡単にわかります。

 

早めに引越し費用の概算がわかると安心ですね。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの手順を確認しましょう

 

引越し 手順

 

引越しはすることが多いのでだいたいの手順を把握しておくと便利ですよ。
ぜひ引越しの前に一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいところですが、新居が決まるまでは正確な価格は出せません。
エレベーターのある物件とない物件ですと、4階の引越しにかかる時間が当然違います。
新居が決まらないと正確な引越し料金が計算できないので、引越し業者への見積もりは新居が決まってからすぐがオススメです。

 

さて荷物ですが、引越し費用を抑えたいならできるだけできるだけ荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もしっかりかかるので、不用品は引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。
これは引越し2週間前から提出できます。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで計算してくれます。
火災防止のために大元のガスの元栓を閉める作業が立ち会いで行われることもあるので、確認しておきましょう。
新居が市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしておくと無駄がありません。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日、荷物の運送は引越し業者にお任せして、家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かります。
貴重品・見られたくないものは自分で管理しましょう。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

案外忘れがちなのが免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などの住所変更です。
各会社に連絡して住所変更をしてもらいましょう。
郵便局の転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しは1年中いつでも同じ値段ではありません。
たとえ同じ距離を同じ荷物の量で引越しをしたとしても、繁忙期と通常期では値段が変わります。

 

繁忙期はズバリ3月のことです。
3月は1年で一番引越しの件数が多くなり、引越し業者はどこも忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするからです。

 

これだけではありません。
日本の多くの会社では春と秋に人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越し、単身赴任をするサラリーマンの引越しも繁忙期に加わります。
これだけ多くの引越し理由があるのですから、繁忙期は大忙しなのです。

 

引越し費用も人件費がアップするので、他の月に比べると高くなります。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

大きな家財を捨てる場合は、家電リサイクル法で定められた電化製品は購入した家電量販店に引き取ってもらうか、新しく家電を買う家電量販店に新しいものと入れ替える際に引き取ってもらうかしなければなりません。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などで、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。有料になります。

 

もし家電を買ったお店が近くない場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

ではその他の粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話して回収日を予約します。
その後でコンビニなどで手数料を支払ってシールを貰います。シールは家電によって料金が違います。
このシールを粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。
粗大ごみシールは、粗大ごみ1個につき1枚必要です。ついでに持って行くということはしてくれませんので、お気をつけて。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

引越し 安く

 

引越しをするととにかくお金がかかります。できれば引越し費用は安い方が嬉しいと思いませんか?
一括見積もりをすれば、相場も分かりますし一番安い引越し業者も簡単に見つけることができますね。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいなら、一括見積もりに申し込む前に引越し条件を見直ししてみませんか?

 

まずは引越しの時期ですが、3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期で1年で最も忙しいですから、引越し費用を安くすることが出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので、引越し費用の割引が期待できません。

 

狙い目なのは平日です。
平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しを比べると、午後からの引越しの方が費用が安くなります。
引越しは荷物を搬送するだけでも1日仕事なので、午後からは人気がないのです。また、午後引越しは前の人の引越し状況によっては予定よりも大幅に遅れることがあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。

 

イライラしてしまう方には向いていませんが、その分料金が割引されるチャンスが高いのでコスト面からはオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

単身引越しにかかる引越し費用はどのくらい?

 

一人暮らしを始める時に利用する単身引越し。

一人暮らしなら引っ越しはこうする

 

新居が近ければ軽トラックのレンタカーを借りて自分で引越しすることもできるけれど、遠方だとそうもいきません。
それに新居がエレベーターのない2階や3階だと、ダンボールを10個運び入れるだけでも本当に大変な作業です。

 

自分でやるかどうか検討する前に、引越し業者にお願いした場合の費用を見積もっておくといいですね。

 

一括見積もりサイトなら、簡単に複数の業者から見積もりを取ることができます。

 

 

ちなみに単身引越しの相場は以下の通りです。

・近距離:2〜6万円
・遠距離:6〜25万円

 

相場に幅があるのは、荷物の量や物件の階数、引越し日が土日なのか平日なのかなど様々な条件によって値段が異なるからです。
こんな引越し相場だと全く参考になりませんよね。

 

実際にかかる費用を知りたいなら、一括見積もりをしてみてはいかがですか?

 

あなたの引越し費用の平均値や最安値が一目瞭然です!