引越し キャンセル

引越しのキャンセル

引越し キャンセル

 

引越しを契約後にキャンセルしなければならないこともあり得ます。
例えば家族の急病や入院、交通事故、仕事の都合で引越し日に出張を言い渡されるなど、都合通りにいかない場合もあるのです。

 

しかしどの理由でも、こちらの都合であることに変わりありません。
引越し業者をこちらの都合でキャンセルするときはキャンセル料はいくら必要になるのでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下のような記載があります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

キャンセル料がかかるのは、引越し日の前日からであることがわかりました。
ちょっと意外でビックリではありませんか?

 

依頼者にとってはかなり助かるこの規則、引越し業者にはたまったものではありません。
引越しをキャンセルする場合は、キャンセルが決まった時点で連絡してあげてください。

 

そうすれば他の人の予約を新たに取るチャンスが出来ます。

 

この「標準引越運送約款」はいずれ改訂されることも考えられます。
ですからキャンセルの際は、引越し業者と交わした契約の中のキャンセルの項目に必ず目を通しておきましょう。