引越し 人形

引越しと人形

引越し 人形

 

日本人はなんと人形が好きな民族なのでしょう?
着せ替え人形やお世話人形、ヒーローのソフビ人形やフィギュア、それに雛人形や五月人形などもあります。

 

これらの人形を新居に持って行くには梱包してダンボールに詰め、隙間に新聞紙やタオルを詰めて運べば傷みにくいです。
雛人形などガラスケース入りの場合は、「割れ物注意」「上積み禁止」などわかるようにダンボールの外に書いておきましょう。

 

もし少し人形を処分したいなと思われているなら、引越しは大きなチャンスです。
小さな人形はゴミ袋に入れて捨てることも出来ますが、回収の人が驚かないようになるべくに外から見えないようにましょう。

 

普通のゴミに出すことに抵抗があるなら、人形供養という方法がオススメです。

 

人形供養は神社仏閣で行われますがすべてのところが対応しているわけではありません。
「人形供養 地名」で検索すれば近くで人形供養をしている神社仏閣を探す事ができます。

 

もし家の近くに無い場合は、郵送すれば受付してくれるところもありますのでそちらを利用しましょう。

 

供養のための費用を支払い、供養の後でお焚き上げをして焼却してもらうのです。
費用はダンボール1箱単位のところもあれば、1体単位のところもあるのでしっかり確認しましょう。

 

もしガラス箱に入った人形は、処分対象外のところと追加料金を支払えば処分してくれる業者とがあります。
ほかにもひな壇、ボンボリ、灯篭など電気製品は、人形供養の際には対象外の場合があるのでご注意ください。